kazuyoshi-sakamoto1000’s blog

じゃらん旅行記・旅行・社寺巡り・古墳調査など

2016-08-20から1日間の記事一覧

【伴林氏神社】(ともはやしのうじじんじゃ)藤井寺市

伴林氏神社(ともはやしのうじじんじゃ)は、大阪府藤井寺市林(かつての河内国志紀郡拝志郷)に鎮座する神社である。高皇産霊神を主祭神とし、大伴氏の祖神である道臣命(みちのおみのみこと)・天押日命(あめのおしひのみこと)を配祀する。社名から、大…

【古室山古墳】(こむろやまこふん)藤井寺市

古室山古墳(こむろやまこふん)は、大阪府藤井寺市古室2丁目にある前方後円墳。1956年(昭和31年)9月22日に単独の古墳として国の史跡に指定され、2001年1月29日には近隣の他の古墳とともに国の史跡「古市古墳群」として、あらためて指定された。古市古墳群…

【誉田八幡宮】(こんだはちまんぐう)羽曳野市

誉田八幡宮(こんだはちまんぐう)は、大阪府羽曳野市にある神社である。旧社格は府社。主祭神は応神天皇で、誉田御廟山古墳(応神天皇陵)の直ぐ南に鎮座する。社伝によると、欽明天皇20年(559年)に任那の復興を目指した欽明天皇によって、応神天皇陵前に…

【白光龍王大神】(はっこうりゅうおうおおかみ)藤井寺市

「 白光龍王大神」 藤井寺市道明寺に鎮座する白光龍王大神はっこうりゅうおうおおかみです。道明寺どうみょうじの東側の門から出て、直ぐの三叉路を道明寺天満宮の塀にそった側の道にあります。前の道は東高野街道です。東側は道明寺天満宮の境内です。小さ…

【土師里八幡神社】(はじのさとはちまんじんじゃ)藤井寺市

【土師里八幡神社】(はじのさとはちまんじんじゃ)です。 八幡神・八坂神・天神はいずれも農耕に欠かせない神でした。八幡神は穀霊神であり、のち武神として土地の守護神とされました。八坂神は五穀豊饒、厄病祓いの神と崇められています。天神は雷神である…

【宮の南塚古墳】藤井寺市

【宮の南塚古墳】藤井寺市 本来は円墳でしたが、北側を細い道路と国府八幡神社境内に削られ、現在は半円形です。古市古墳群に属す円墳で、径40メートル。第十九代允恭天皇の陵とされる市ノ山古墳の外堤のすぐ東にあり、衣縫塚古墳とともに、市ノ山古墳の陪塚…

【國府八幡神社】(こうはちはんじんじゃ)藤井寺市

【國府八幡神社】(こうはちはんじんじゃ) 道明寺駅の北西約500mに鎮座しています。境内左には宮の南塚古墳が有り、この地が古から聖地とされてきた事が分かります。 神社の入口には社号標と鳥居が立ち、石段を数段上がると金属製の鳥居のような物が立ち、…

【志貴県主神社】(しきあがたぬしじんじゃ)藤井寺市

【志貴県主神社】(しきあがたぬしじんじゃ)は、大阪府藤井寺市にある神社である。式内社、河内国総社で、旧社格は村社。 奈良時代、この一帯は「志貴(磯城)の県」という朝廷の直轄地で、それを管理していたのは神八井耳命を祖とする志貴県主(しきのあが…

【新世界稲荷神社】(しんせかいいなりじんじゃ)大阪市浪速区

【新世界稲荷神社】(しんせかいいなりじんじゃ) のぼりは「稲荷大明神」となっていますが、なぜか鳥居の額には「福永大神」となっています。 この「新世界稲荷神社」は新世界誕生と同時期に京都の伏見稲荷神社から勧請され商売繁盛や新世界の繁栄を願って…

【難波神社】(なんばじんじゃ)大阪市

【難波神社】(なんばじんじゃ)。社格は府社。摂津国総社として「難波大宮」または「平野神社」と呼ばれていたという。 反正天皇が仁徳天皇を偲んで建立したと伝えられる古社です。もとは河内の地(現在の河内松原市)にあったが、秀吉が大阪城を築城した際…

【若宮八幡大神宮】(わかみやはちまんだいじんぐう)大阪市

【若宮八幡大神】(わかみやはちまんおおみかみ)≪仁徳天皇≫を祭神とする神社で、創建年月は定かではありません。社地は、昔から村内の小さな丘にあって、楠や榎などの大木がうっそうと繁り、昼なお暗い感があったと伝えられています。中でも楠の老大樹は、…

蒲生行者講(がもうぎょうじゃこう)大阪市

住宅街の中にこの規模の地蔵堂は珍しく地元の人達から手厚く管理されているようです。 中に入って、真正面に役行者神変大菩薩(えんのぎょうじゃ じんべんだいぼさつ)。左側に弘法大師空海(こうぼうだいし くうかい)。右側に和合不動明王(わごう ふどう…

【古箕輪八幡宮】 ( こみのわはちまんぐう )東大阪市

大阪府東大阪市古箕輪に鎮座する「古箕輪八幡宮」(こみのわはちまんぐう)です。この神社は、鴻池新田の水路である五箇井路と六郷井路(六郷川)の最上流部で最も東の位置になります。水路の交差点(藤五郎樋)のすぐ側にあり、旧河内街道、五箇井路沿いに位…

【今米春日神社】(いまごめかすがじんじゃ)東大阪市

「今米春日神社」は大正四年(1915)に吉原の「栗原神社」に合祀されました。現在、神社跡地は児童公園となっていますが、その後の昭和五十八年(1983)にこの場所より北にある別地に復社しています。 由緒について; 「此の今米の地は往古より成立…

【辛國神社】(からくにじんじゃ)藤井寺市

【辛國神社】(からくにじんじゃ)藤井寺市 延喜式にも記載のある古い歴史を持つ式内社で、物部の祖を祀ったことに始まります。室町時代には春日の神を合祀し、春日丘にその名を残しています。 その後、明治時代になって長野神社を合祀しました。深い緑に囲…

【葛井寺】(ふじいでら)大阪府藤井寺

葛井寺(ふじいでら)は、大阪府藤井寺市藤井寺一丁目にある真言宗御室派の寺院。藤井寺、剛琳寺とも称する。山号は紫雲山。本尊は千手観音。西国三十三所第五番札所。寺伝では神亀2年(725年)、聖武天皇の勅願で行基が創建し、古子山葛井寺(紫雲山金剛琳…

【津堂八幡神社】(つどうはちまんじんじゃ)は津堂城山古墳の後円部の北側中腹に鎮座する神社です。

【津堂八幡神社】(つどうはちまんじんじゃ) 大きな古墳の上にある八幡さんです。 神社のある津堂城山古墳 墳丘及び内濠は史跡指定。社殿背後の柵に囲まれた、鎮守の森のような後円部頂は、宮内庁治定の「藤井寺陵墓参考地」にあたります。新しい津堂八幡神…

【赤留比売命神社】(あかるひめのみことじんじゃ)

平野公園の一角に鎮座されている、「赤留比売命神社」(あかるひめのみことじんじゃ)は、主祭神 阿加流比売神(あかるひめのかみ)をお祀りしている神社です。現在は、杭全神社の境外末社となっていますが、かつては、住吉大社の末社でした。由緒について;…