kazuyoshi-sakamoto1000’s blog

じゃらん旅行記・旅行・社寺巡り・古墳調査など

【丹波神社】(たんばじんじゃ)東大阪市

丹波神社(たんばじんじゃ)と曽我丹波守」 住所:大阪府東大阪市日下町1丁目4-46 この神社は、江戸時代に大阪西町奉行で日下村の領主となり、この地で没した曽我丹波守古祐をまつっています。 歴史上実在した人の霊位を神として奉斎したもので、丹波守の遺徳を偲ぶ村人たちが25回忌の時墓を立て、後年その墓碑の上に社殿が建てられ神社となりました。曽我丹波守は寛永十一年(1634)に大坂西町奉行に任じられ、河内国河内郡に三千石を支配することになり、日下村もその中に含まれていました。在職中は村人に有利な検地を行い、また干害に悩む村のために用水池の築造や用水樋の付替え、堤の修理などの土木工事を御入用普請(領主負担)として行いました。この神社の南にある御所ケ池も丹波守が築造したと伝えています。 奉行の職を退いた後は、隠居して日下村の河澄家に住み万治元年(1658)に没しました。西町奉行としての一時的な領地であったにもかかわらず、こうした善政により村人に感謝され、現在もこの地でまつられています。

www.jalan.net