kazuyoshi-sakamoto1000’s blog

じゃらん旅行記・旅行・社寺巡り・古墳調査など

【赤留比売命神社】(あかるひめのみことじんじゃ)

平野公園の一角に鎮座されている、「赤留比売命神社」(あかるひめのみことじんじゃ)は、主祭神 阿加流比売神(あかるひめのかみ)をお祀りしている神社です。現在は、杭全神社の境外末社となっていますが、かつては、住吉大社末社でした。由緒について;当社の祭神、赤留比売命は新羅(しらぎ)から来た女神で天之日矛(あめのひぼこ)の妻と伝える。当地を開発した渡来氏族の氏神として、その創建は詳(つまびら)かではないが、平安時代につくられた延喜式神名帳(えんぎしきしんめいちょう)に当社が記載されている。俗に三十歩社(さんじゅうぶしゃ)と呼ばれるのは、古来から祈雨(きう)の神とされ、室町時代の応永年間(おうえいねんかん)に干ばつがあり、僧の覚証(かくしょう)が雨乞いのため、法華経(ほけきょう)三十部を読経し霊験を得た故事によるとか、当時の境内地の広さが三十歩であったによると伝える。またかって住吉大社末社であった由縁で、七月三十一日に行われる同社の例大祭「荒和大祓」(あらにごのおおはらい)に、当地の七名家(ひちみょうけ)より桔梗(ききょう)の造花を捧げる慣例となっている。明治三十年に背戸口町より移された境内末社天満宮琴平神社とともに、大正三年、杭全神社境外末社となり今日に至っている。社殿背後の土塁(どるい)と松山池は環濠集落(かんごうしゅうらく)の名残りが見られる数少ない場所の一つである。 住所:大阪府大阪市平野区平野宮町2-1-67

www.jalan.net