読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazuyoshi-sakamoto1000’s blog

じゃらん旅行記・旅行・社寺巡り・古墳調査など

興福寺の【南円堂】(なんえんどう)奈良市

興福寺の【南円堂】(なんえんどう)は、813年(弘仁4年)、藤原北家藤原冬嗣が父内麻呂の冥福を祈って創建した八角堂。発掘調査では、基壇築造の際に地神を鎮めるために、和同開珎(わどうかいちん)や隆平永宝(りゅうへいえいほう)といった銭貨がまかれたことが明らかとなっており、弘法大師空海)が関わっていたと伝えられている。現在の堂は創建後4度目の建物で、1789年(寛政元年)に再建された(重要文化財)。堂内には、不空羂索観音像と四天王像が安置されている(いずれも国宝)。 南円堂は西国三十三箇所の第九番札所。所在地:奈良県奈良市 登大路町48

www.jalan.net