kazuyoshi-sakamoto1000’s blog

じゃらん旅行記・旅行・社寺巡り・古墳調査など

【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018) *動画

【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018) *動画

 

2018年7月19日 宮入です。

 

 

【許麻神社】(こまじんじゃ)の由緒について;

 

 

式内社で、もと牛頭天王と称され、渋川六座の一である。この地は古く巨麻荘といい、河内国諸蕃の大狛連の住地で、その祖神をまつったと伝えられる。 境内の手洗いの屋形は、むかしの宮寺久宝寺観音院の鐘楼の名残りである。この寺は、聖徳太子の建立で、戦国時代に兵火に逢って焼失した、 その後観音院のみ復興したが、明治初年廃寺となった。本尊十一面観音はいま念佛寺にある。 神社の西方に、むかし弥生式土器を埋蔵したベントウ山があった。

 

 

 

住所: 大阪府八尾市久宝寺5丁目4-8
アクセス:JR「久宝寺」駅から徒歩約7分/大阪市営バス久宝寺」から徒歩約3分

 

 

 

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018)

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018)

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018)

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018)

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018)

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018)

 

 

 

 

 

 

 

 

【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018)

【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺
 Koma-jinja summer festival (19/7/2018)

 

 

 

2018年7月19日 宮入です。

 

 

【許麻神社】(こまじんじゃ)の由緒について;

 

 

式内社で、もと牛頭天王と称され、渋川六座の一である。この地は古く巨麻荘といい、河内国諸蕃の大狛連の住地で、その祖神をまつったと伝えられる。 境内の手洗いの屋形は、むかしの宮寺久宝寺観音院の鐘楼の名残りである。この寺は、聖徳太子の建立で、戦国時代に兵火に逢って焼失した、 その後観音院のみ復興したが、明治初年廃寺となった。本尊十一面観音はいま念佛寺にある。 神社の西方に、むかし弥生式土器を埋蔵したベントウ山があった。

 

 

 

 

住所: 大阪府八尾市久宝寺5丁目4-8
アクセス:JR「久宝寺」駅から徒歩約7分/大阪市営バス久宝寺」から徒歩約3分

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月19日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (19/7/2018)

 

 

【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)*動画

【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)*動画

 

2018年7月18日 宵宮です。

 

 

 

【許麻神社】(こまじんじゃ)の由緒について;

 

 

 

式内社で、もと牛頭天王と称され、渋川六座の一である。この地は古く巨麻荘といい、河内国諸蕃の大狛連の住地で、その祖神をまつったと伝えられる。 境内の手洗いの屋形は、むかしの宮寺久宝寺観音院の鐘楼の名残りである。この寺は、聖徳太子の建立で、戦国時代に兵火に逢って焼失した、 その後観音院のみ復興したが、明治初年廃寺となった。本尊十一面観音はいま念佛寺にある。 神社の西方に、むかし弥生式土器を埋蔵したベントウ山があった。

 

 

住所: 大阪府八尾市久宝寺5丁目4-8
アクセス:JR「久宝寺」駅から徒歩約7分/大阪市営バス久宝寺」から徒歩約3分

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 

 

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 

 

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 

【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 
Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 

2018年7月18日 宵宮です。

 

 

 

【許麻神社】(こまじんじゃ)の由緒について;

 

式内社で、もと牛頭天王と称され、渋川六座の一である。この地は古く巨麻荘といい、河内国諸蕃の大狛連の住地で、その祖神をまつったと伝えられる。 境内の手洗いの屋形は、むかしの宮寺久宝寺観音院の鐘楼の名残りである。この寺は、聖徳太子の建立で、戦国時代に兵火に逢って焼失した、 その後観音院のみ復興したが、明治初年廃寺となった。本尊十一面観音はいま念佛寺にある。 神社の西方に、むかし弥生式土器を埋蔵したベントウ山があった。

 

 

 

 

住所: 大阪府八尾市久宝寺5丁目4-8
アクセス:JR「久宝寺」駅から徒歩約7分/大阪市営バス久宝寺」から徒歩約3分

 

 


【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2018年7月18日 大阪府八尾市久宝寺 Koma-jinja summer festival (18/7/2018)

 

 

 

 

【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月15日】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 15, 2018)

【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月15日】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 15, 2018)

 

 

 

「柏村稲荷神」の由来について;
古来この辺りは旧大和川が流れていたが、たび重なる洪水により附近の人々は大へんな災害を蒙るので当時川筋に当る今米の庄屋中甚兵衛親子二代が五十年間幕府に訴えつづけ、遂に許可を得て現在の大和川に付替えられたのが、宝永元年(1704)で281年前のことである。そこで旧川の川床や沼地を三年がかりで開墾し24町歩余りの新田とされたのが大田村の柏原仁兵衛芳次で爾耒同氏を偲び柏村新田と称えられる。起工を決意した仁兵衛は直に伏見稲荷神社に詣で御分霊を勧請してこの地に奉祀された。工事の完工は勿論、住民の家内安全、五穀豊穣を祈願され別名白姫神社とも称されるが、祭神は倉稲魂神と申し柏村の鎮守社として崇敬されている。

 

 

 

 

 

住所:大阪府八尾市柏村町4丁目107

 

 

 

アクセス:恩智駅出口1出口から徒歩約4分。高安駅出口1出口から徒歩約12分


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月115】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 15, 2018)

 


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月115】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 15, 2018)

 


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月15日】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 15, 2018)

 


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月115】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 15, 2018)

 


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月115】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 15, 2018)

 


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月115】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 15, 2018)

 

【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月14】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 14, 2018)

【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月14】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 14, 2018)

 

「柏村稲荷神」の由来について;
古来この辺りは旧大和川が流れていたが、たび重なる洪水により附近の人々は大へんな災害を蒙るので当時川筋に当る今米の庄屋中甚兵衛親子二代が五十年間幕府に訴えつづけ、遂に許可を得て現在の大和川に付替えられたのが、宝永元年(1704)で281年前のことである。そこで旧川の川床や沼地を三年がかりで開墾し24町歩余りの新田とされたのが大田村の柏原仁兵衛芳次で爾耒同氏を偲び柏村新田と称えられる。起工を決意した仁兵衛は直に伏見稲荷神社に詣で御分霊を勧請してこの地に奉祀された。工事の完工は勿論、住民の家内安全、五穀豊穣を祈願され別名白姫神社とも称されるが、祭神は倉稲魂神と申し柏村の鎮守社として崇敬されている。

 

 

住所:大阪府八尾市柏村町4丁目107

 

アクセス:恩智駅出口1出口から徒歩約4分。高安駅出口1出口から徒歩約12分

 


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月14】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 14, 2018)

 


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月14】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 14, 2018)

 

 


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月14】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 14, 2018)

 


【柏村稲荷神社夏祭り(2018年7月14】 大阪府八尾市柏村町  Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 14, 2018)

 

【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日 Ikukunitama-jinja summer festival (12/7/2018) 動画

生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日 Ikukunitama-jinja summer festival (12/7/2018) *動画

 

 

「いくたま夏祭2018」
2018年7月11日・12日に行われます。いくたま夏祭2018では獅子舞・枕太鼓・金銀神輿などが勇壮に練り歩きます。枕太鼓は前後左右に激しく揺らされ、赤い烏帽子・瓢箪模様の法被姿の男衆・願人が息を揃えて、邪気を払うとも言われる太鼓を打ち鳴らします。枕太鼓は願人の背もたれが大きな枕に似ていることに由来しています。

 

 

 

生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ):生国魂神社)は、大阪府大阪市天王寺区生玉町にある神社。式内社名神大社)。旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社大阪市中心部、難波宮跡や大坂城大阪城)から南西方の生玉町に鎮座しています。かつては現在の大坂城の地に鎮座し、中世にはその社地に近接して石山本願寺も建立され繁栄しましたが、石山合戦後の豊臣秀吉による大坂城築城の際に現在地に遷座されています。
この生國魂神社が祭神とする生島神(いくしまのかみ)・足島神(たるしまのかみ)は、国土の神霊とされます。両神平安時代に宮中でも常時奉斎されたほか、新天皇の即位儀礼の1つである難波での八十島祭(やそしままつり)の際にも主神に祀られた重要な神々で、生國魂神社自体もそれら宮中祭祀と深い関わりを持つとされます。また、同様に大坂城地から遷座されたという久太郎町の坐摩神社とともに、難波宮との関わりも推測されています。その後中世・近世を通じても崇敬を受け、戦前の近代社格制度においては最高位の官幣大社に位置づけられた大阪の代表的な古社の1つです。

 

 

 

 

 

場所:大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9

 


【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日

 


【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日

 


【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日

 


【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日

 


【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日

 


【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日

 


【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日

【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日

 


【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日

 


【生國魂神社】(いくくにたまじんじゃ)夏祭り 2018年7月12日