kazuyoshi-sakamoto1000’s blog

じゃらん旅行記・旅行・社寺巡り・古墳調査など

【杵築神社】(きづきじんじゃ) 奈良県生駒郡平群町

【杵築神社】(きづきじんじゃ) 奈良県生駒郡平群町

 

 

奈良県の生駒と信貴山の中間にある十三峠越えの道の途中に【杵築神社】(きづきじんじゃ)があります。福貴畑の氏神。祭神は素戔鳴命。末社と祭神は、春日神社 (天児屋根命)、伊勢皇大神宮天照大神)、金毘羅大権現。宝永(1704~1711)の寺社御改帳に「牛頭天王社」とあり、社殿・拝殿・観音堂が所在しました。

 

境内の案内板には、次のように書かれています。
「当社創建は、寿永弐年辰四月卯の日(1178年)と記録に有り、現神社は昭和三十五年大和川改修により当地に移転、御本殿は春日式にて、文化年間に春日大社若宮旧本殿を拝領の物である。境内に推古式古代人造の石塔が現存、きわめて古風で平安時代の造立説がある。」

 

拝殿の隣にはがあります。この観音堂は西庄にあった薬師院の別院で、「木造聖観音座像」と「深沙大将立像」(じんじゃたいしょうりゅうぞう)が祀られています。
深沙大将立像」は室町時代後期の高さ約2mの大きな仏像で、県の文化財に指定されています。
また、立派なカヤの木が石段の両脇にあります。左側のカヤの木は幹周5mを超す巨樹です。

 

所在地:奈良県生駒郡平群町福貴畑1396番地
アクセス :近鉄平群駅より徒歩50分。
自動車の場青:西名阪道・香芝ICから国道168号を4.5km、三室交差点を左折し県道236号を3.1kmで右折、信貴フラワーロードを4.3km、福貴畑で左折し200m。(「杵築神社」の標識あり)この神社の前に車を停める広いスペースがあります。

 

 

 


【杵築神社】 (きづきじんじゃ) 奈良県生駒郡

 

 

 

【素戔嗚神社】(すさのおじんじゃ)奈良県生駒郡平群町

素戔嗚神社】(すさのおじんじゃ)奈良県生駒郡平群町

 

伊文字川の支流のほとり、稲作の水を守る農耕神です。祭神は素戔鳴命。拝殿左に長生院(元薬師堂)があり、不動明王等を祀ります。慶長7年(1602)在銘の鰐口がある。又、元文3年(1738)銘の湯釜には「牛頭天王宮」の銘があり、江戸期には牛頭天王社と呼んでいた産土の神です。棟札には「宝暦3年(1753)大雨で山崩れして坊社が大破した故、一宇再建し奉る。」とあります。長生院住特某とあるから常住の神宮寺があったことがわかります。毎年12月20日頃に、拝殿で勧請縄がなわれ、石鳥居の前にかけられ松ノ内の大トンドで焼かれるそうです。

 

 

住所 :奈良県生駒郡平群町久安寺小字イノサカ1133

 

アクセス :近鉄竜田川駅より徒歩1時間40分

 

 

 

 

 

【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん)奈良県生駒郡平群町(4/4)

信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町

 

 

米尾山福蔵寺。本尊は毘沙門天立像で、「汗かき毘沙門天」とよばれます。聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれています。珍しい深沙大将立像も秘仏として祀られています。境内の奥には炭化して黒くなった「焼米」の出土地があり、厄除けのお守りに珍重されています。大和北部八十八ケ所第45番霊場

 

 

 

 

住所:奈良県生駒郡平群町信貴畑1474

 

アクセス:竜田川駅より徒歩1時間20分

 


【信貴山 奥の院】 (しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町

 



【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん)奈良県生駒郡平群町(3/4)

信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町

 

米尾山福蔵寺。本尊は毘沙門天立像で、「汗かき毘沙門天」とよばれます。聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれています。珍しい深沙大将立像も秘仏として祀られています。境内の奥には炭化して黒くなった「焼米」の出土地があり、厄除けのお守りに珍重されています。大和北部八十八ケ所第45番霊場

 

 

 

 

 

住所:奈良県生駒郡平群町信貴畑1474

 

アクセス:竜田川駅より徒歩1時間20分

 


【信貴山 奥の院】 (しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町

 



【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん)奈良県生駒郡平群町(2/4)

信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町

 

米尾山福蔵寺。本尊は毘沙門天立像で、「汗かき毘沙門天」とよばれます。聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれています。珍しい深沙大将立像も秘仏として祀られています。境内の奥には炭化して黒くなった「焼米」の出土地があり、厄除けのお守りに珍重されています。大和北部八十八ケ所第45番霊場

 

 

 

 

 

住所:奈良県生駒郡平群町信貴畑1474

 

アクセス:竜田川駅より徒歩1時間20分

 

 


【信貴山 奥の院】 (しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町

 



【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん)奈良県生駒郡平群町(1/4)

信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町

 

 

米尾山福蔵寺。本尊は毘沙門天立像で、「汗かき毘沙門天」とよばれます。聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれています。珍しい深沙大将立像も秘仏として祀られています。境内の奥には炭化して黒くなった「焼米」の出土地があり、厄除けのお守りに珍重されています。大和北部八十八ケ所第45番霊場

 

 

 

住所:奈良県生駒郡平群町信貴畑1474

 

 

アクセス:竜田川駅より徒歩1時間20分

 

 


【信貴山 奥の院】 (しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町

 



信貴山朝護孫子寺【西方守護神白虎】/ 奈良県生駒郡平群町

【西方守護神白虎】と呼ばれています。白は、五行説で西方の色とされています。
平城遷都1300年祭を機会に、奈良県を四神伝説になぞらえて信貴山が西方にあたるため設置されました。

 

「白虎」とは、中国の伝説上の神獣で、東西南北の守護のうち西方を守護する神獣です。細長い体の白い虎の形をしていて、また四神の中では最も高齢の存在であるとも言われています(逆に最も若いという説もあります)。遷都1300年祭で信貴山が白虎の位置づけとされました。

 

 

住所:奈良県生駒郡平群町信貴山

 

 

 

 




信貴山 朝護孫子寺 福寅 Fukutora