kazuyoshi-sakamoto1000’s blog

じゃらん旅行記・旅行・社寺巡り・古墳調査など

【黒田神社】(くろだじんじゃ)藤井寺市 1/2

【黒田神社】(くろだじんじゃ)藤井寺市

 

黒田神社は延喜式神名帳河内国志紀郡鎮座と記載される式内小社です。社伝によると神武天皇の御子の神八耳命のかくし廟所といわれ、仁徳天皇の時に玉垣を建立し祭祀したとあります。藤原氏系図によると、藤原鎌足の4世代前の祖人が黒田大連です。 黒田神社は、その黒田大連に係る人が、藤原氏・中臣の祖人を祀った神社とも考えられています。黒田大連は古くは雄略天皇の御代に但馬国造を務め、和銅年間(710年)には長浜・木之本の地を開拓し黒田郷として繁栄したそうです。黒田神社の北の大和川の川底には船橋遺跡があり、付近からは弥生土器が出土します。古代にこの地に住み着いた渡来人「呉人」の田が黒田に転訛したとの説もあるそうです。

 

住所:大阪府藤井寺市北条町1-23

 

 

(撮影:2017/10/24)


【黒田神社】(くろだじんじゃ)藤井寺市